駿台模試の英語で高偏差値を狙う対策方法を紹介

駿台模試
プロフィール
この記事を書いた人
ゆうすけ

自分の受験経験を踏まえ、メアライズアカデミー監修のもと大学受験対策の情報を発信しています。
高1春偏差値40→高2秋偏差値80→早稲田大学政治経済学部経済学科入学→大2の4月「受験勉強のエッセンス」立ち上げ→月間5万PV

ゆうすけをフォローする

この記事では駿台模試の英語で高偏差値を狙う方法を紹介していきます。

駿台模試の英語で高偏差値をとりたい人や、今後駿台模試の英語を受験する予定の人はぜひ参考にしてください。

駿台模試英語で高偏差値をとる勉強法と参考書

駿台模試の英語で高偏差値をとろうとすると、直前の対策だけでは絶対に不可能です。

長い時間をかけて確実に英語の実力をつけていく必要があります。具体的には以下の勉強を実行してください。

駿台模試英語で高偏差値を取る勉強法と参考書

英単語

駿台模試の英語で高偏差値をとるためには、まず旧帝大や早慶などの難関大レベルの英単語を覚えてください。

駿台模試は旧帝大や早慶などの難関大を受験する人向けに作られているので、単語力も難関大レベルのものが求められます。

難関大レベルの英単語を覚えてないと、長文読解問題を解く際意味が読み取れない英文だらけになってしまいます。

具体的には以下のような英単語帳を利用して、難関大に対応できるほどの単語力を身につけましょう。

また、英単語の覚え方やおすすめの英単語帳を知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

英文法

駿台模試の英語で高偏差値をとるためには、次に難関大レベルの英文法を勉強してください。

駿台模試では難関大レベルの文法問題が出題されるため、基礎的な英文法の知識では対応できません。

具体的には以下のような問題集を使用して、難関大レベルの文法力を身に着けてください。

ただし、これらの問題集はかなり難易度が高いため、英文法が苦手な人が取り組むとほとんどの問題が分からず勉強のスピードがかなり遅くなってしまいます。

「Next Stage」や「Vintage」などの英文法問題集を勉強し終えてから使うようにしましょう。

そのほかの問題集や英文法の勉強法を知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

英文解釈

難関大レベルの英単語と英文法の勉強を始めたら、同時に英文解釈も勉強してください。

英文解釈とは英文の構造を正しく把握し、正確な意味を読み取る作業のことを指します。

英文解釈を勉強すれば、複雑な構造の英文でも正しく意味を読み取れるようになるため、駿台模試の長文問題もスラスラ読めるようになります。

具体的には以下のような参考書を使用してください。

その他の英文解釈の参考書や勉強法を知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

長文読解

英文解釈の勉強を終えたら、いよいよ長文読解の対策に入ります。

駿台模試の英語では難関大レベルの長文読解問題が2題も出題されるため、必ず対策が必要です。

英文解釈の勉強が終わっていれば英語の長文を正しく読み取る力は身についているはずですが、素早く意味を読み取る速読力と正しい解答を出す解答力も身に着ける必要があります。

具体的には以下の参考書を使用して難関大レベルの長文を素早く正確に読み取り、正しい解答をつくる練習をしてください。

その他の問題集や勉強法を知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

英作文

駿台模試の英語で高偏差値をとるために長文読解の勉強と同時並行で行ってほしいのが英作文の勉強です。

駿台模試では和文英訳と自由英作文の両方が出題されますが、どちらも基本となるのは英作文の頻出表現を覚えることです。

英作文には繰り返し出題されたり、使いまわしがしやすい頻出表現というものが存在します。

頻出表現を覚えていくことで、いざ問題を解く際にどういった英文を書けばいいかがなんとなく分かるようになるのです。

英作文を勉強する際には以下の参考書を使用して勉強してください。

英作文の勉強法についてさらに詳しく知りたい場合は以下の記事を参考にしてください。

リスニング

駿台模試の英語で高偏差値をとるためには、200点中30点を占めるリスニング対策も欠かせません。

リスニングの基本的な勉強法としては、英語の音声を聞いて紙に書き出し、聞き取れなかった英単語の発音を覚えるというディクテーションがおすすめです。

ディクテーションをすることによって自分が発音を正確に覚えられていない英単語を効率的に見つけることができます。

リスニング音声とその英文が載せられているものなら何を使ってもいいのですが、参考書を選ぶのが難しければ以下の参考書を使ってください。