駿台予備校を夏期講習だけ受けるのはあり?おすすめな人と値段も紹介

集団塾・予備校
プロフィール
この記事を書いた人
ゆうすけ

自分の受験経験を踏まえ、メアライズアカデミー監修のもと大学受験対策の情報を発信しています。
高1春偏差値40→高2秋偏差値80→早稲田大学政治経済学部経済学科入学→大2の4月「受験勉強のエッセンス」立ち上げ→月間5万PV

ゆうすけをフォローする

この記事では駿台予備校を夏期講習だけ受講することについて、詳しく解説していきます。

現在駿台予備校に通っておらず、夏期講習だけ受けようと考えている人はぜひ読んでみてください。

駿台予備校の夏期講習とは

駿台予備校の通常の授業では、生徒のレベルごとに完全に授業が割り振られており自由に様々なレベルの授業を受講することはできません

一方で駿台予備校の夏期講習では、通常の授業とは別に自主的に受講する大学別の対策講座や共通テスト対策講座、レベル別講座が用意されているので自由に多種多様な講座を選んで受講することが可能です。

そのため、普段は駿台予備校に通っていない高校生や浪人生が夏期講習だけ参加して自分が受けたい授業を自由に受講するケースはよくあります。

ただし人によっては授業の雰囲気が自分に合わないと感じてしまう可能性もあるので、個人的には体験授業に参加してみて夏期講習を受ける価値があるのかを判断することをおすすめします。

駿台予備校の夏期講習の強み

毎年多くの受験生が駿台予備校の夏期講習を利用していますが、一体なぜ多くの塾・予備校がある中で駿台予備校が選ばれるのでしょうか。

僕が思うに、駿台予備校の夏期講習には以下のような強みがあることが人気の秘訣となっています。

50分間授業

駿台予備校の夏期講習の強み1つ目は、授業時間が50分間であることです。

実は授業時間が50分間の予備校はかなり珍しく、駿台予備校以外の塾・予備校では集団授業・個別指導に関わらず授業時間が90分以上ある場合がほとんどです。

しかし、普段から塾・予備校に通っていない人がいきなり90分間の授業に耐えられるでしょうか。普段50分間の学校の授業だけを受けている人であれば90分間集中し続けるのはかなり難しいです。

駿台予備校の50分間授業は、普段塾・予備校に通ってない人や長時間集中するのが苦手な人にとって丁度いい時間設定なのです。

多種多様な講座

駿台予備校の夏期講習の強み2つ目は、多種多様な講座が用意されていることです。

詳しくはこちらで紹介していますが、駿台予備校の夏期講習ではレベル別・志望校別・目的別に数多くの講座の中から自分に合ったものを選ぶことができます。

通常の授業では受講できない大学別の対策講座や共通テスト対策講座、科目別レベルアップ講座などは駿台予備校の生徒でも大人気の講座ばかりです。

自分の志望校や自分の苦手教科に絞って対策できるのは、時間が限られている受験生にとってかなりありがたいですよね。

manabo

駿台予備校の夏期講習の強み3つ目は、スマホ家庭教師manaboの存在です。

manaboとはスマホやタブレットから使用できる個別質問アプリで、勉強中分からないことがあった時に各教科の専門講師に質問して疑問を解決することができます。

東大や京大などの最難関大学の現役大学生が講師を担当しているので、どんな難易度が高い質問でも的確に答えてくれます。

夏休みは基本的に家で勉強するので学校の先生に質問しにくいですよね。夏休み中manaboを使うことができれば勉強中に出た疑問をすぐに解消できます。

駿台予備校の夏期講習だけ受けるのはあり?

結論から言うと、駿台予備校の夏期講習だけ受講するのはかなりおすすめです。

駿台予備校の夏期講習には上記で解説した「50分間の授業時間」「多種多様な講座」「manabo」という3つの強みがあり、夏休み中に大きくレベルアップするためにかなり役立ちます。

そもそも駿台予備校の夏期講習は普段塾・予備校に通ってない人も受講しやすいように、普段の授業と別枠で特別講座を設けているのでこれまで塾・予備校に通っていなかった人こそ参加するのをおすすめします。

夏期講習だけ受けるのは恥ずかしい?

駿台予備校の夏期講習への参加を検討する際、多くの受験生が夏期講習だけ受けるのは恥ずかしいと考えますが、全く恥ずかしくありません

もしも通常の授業に期間限定で参加するのであれば、普段から参加している人同士が仲良く話しているので少し気まずいかもしれません。

しかし、駿台予備校の夏期講習は通常の授業と別枠で授業が行われるので、駿台生も皆ばらばらに授業を受けます。

生徒同士初対面の相手がほとんどなので、誰が普段から通っている人で誰が夏期講習だけ受講しているかなど見分けることはできません。安心して受講できます。

駿台予備校の夏期講習に参加するのは全く恥ずかしくないですし、かなりおすすめですが人によっては授業の雰囲気や進め方が自分に合わないと感じてしまう恐れがあります。

せっかくお金と時間を犠牲にして受講するのであれば、駿台予備校の授業が自分のレベルアップに確実に役立つと確信してから夏期講習に申し込むことをおすすめします。

駿台予備校の夏期講習の値段

駿台予備校の夏期講習に通いたいと考えても、重要なのはその値段・費用ですよね。

駿台予備校の夏期講習では、授業時間は全講座同じですが受講する講座によって授業回数が異なります

授業時間数 受講料
50分×3 12200円
50分×6 17800円
50分×9 23000円
50分×12 26800円
50分×16 33100円

最も少ない3回のみ授業を行う講座では12200円ですが、逆に最も多い16回授業を行う講座では33100円必要になります。

駿台予備校の夏期講習の講座の選び方

いざ駿台予備校の夏期講習に参加すると決めたら、次にするべき事は受講する講座選びです。主に以下の選び方をするのがおすすめです。

志望校別に選ぶ

駿台予備校の夏期講習の講座の選び方1つ目は、志望校別に選ぶという方法です。

駿台予備校の夏期講習では東大や京大、一橋、早慶などの各大学別の対策講座や医学部対策講座が用意されています。

夏休みの段階で自分の志望校対策を行えば、志望校合格のために現状足りてない要素を理解することができます。

とにかく最短ルートで志望校に合格したいという人は自分の志望校対策講座を受講してみるのをおすすめします。

レベル別に選ぶ

駿台予備校の夏期講習の講座の選び方2つ目は、レベル別に選ぶという方法です。

駿台予備校の夏期講習では各授業のレベルが「基礎」「標準」「応用」に分けられており、自分のレベルに合った授業を受講することができます。

駿台予備校の授業は時間は短いですが質が高く、内容が凝縮されているので実力に合ってない授業を選んでしまうと授業についていけない可能性があります。

教科・分野別に選ぶ

駿台予備校の夏期講習の講座の選び方3つ目は、教科・分野別に選ぶという方法です。

駿台予備校の夏期講習では、教科・分野別に対策講座が設置されており、自分の克服したい分野の講義を受講することで、苦手分野を無くすことができます。

夏休み中苦手教科・苦手分野を克服したい人や自分の得意教科をさらにのばしたい人は教科・分野ごとの対策講座を受講してみましょう。

駿台予備校の夏期講習で取りすぎにならない講座数

駿台予備校の夏期講習で取り過ぎにならない講座数の目安は、4~5講座程度です。

正直言うと駿台予備校の夏期講習で取り過ぎにならない講座数は人によります。

習ったことをすぐに吸収できる人であれば、もう少し多めに受講しても大丈夫かもしれませんが、取り過ぎてしまうと習った内容を完璧に消化しきれなくなってしまいます。

おすすめなのは一度体験授業を受講してみて、「1週間に何個の授業までだったらついていけるか」を感覚的に理解することです。